アーサナ/キャメル姿勢、Ustrasana

Ustra サンスクリット語で「ラクダ」を意味します。このアーサナを練習定期的に、背中、肩と足首の硬さを和らげます。その実現を説明していく本 メソッド ラミロ ・ ストリート (マルティネス ロカ)。実行: マリア ・ オバンドは、ヨガの国際学校の教授。写真: トール ・ カストロ。

ラクダ

1 は、彼の膝がよく勃起トランクおよび腕に沿って立っています。

2 腰椎領域 (または腰) の手で、しっかりと、すべての後ろのトランクを弓にあなたの手であなたをサポートします。

3 ドロップの腕し、頭を後ろのかかとに手をサポートしています。腕を伸ばしている場合、それは良いです。あなたの足がわずかに離れた。

濃度

腰椎の地域。

時間

20 ~ 40 秒。2 回または 3 回実行されます。

効果

  • それは、腎臓の機能を改善、腎臓領域に深いマッサージを出します。
  • 彼は精力的にすべて、前脛骨筋、体を伸ばした。
  • それを revitalises, し、首の筋肉を活性化します。
  • 胸部の筋肉は伸びるし、それらを強化します。
  • 肩の回転を向上させます。
  • 彼は循環系を向上させます。
  • それは腰痛を防ぎますが、同じ傾向を持つ人々 が非常に注意する必要があります。

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事 ,
によって • 2013 年 6 月 25 日 • セクション: アーサナ, 練習