アーサナ: Utkatasana または椅子の位置

非常に効果的な強化の姿勢です。 Utkata それは、「強力な」、「強烈な」を意味します。それは、筋や関節の保護に焦点を当ててください。今回は我々 に従う一部のホセ ・ マヌエル ・ バスケス ディーツ本文 欧米人のための不可欠なヨガ マニュアル (同盟)。実行: マリア ・ オバンドは、ヨガの国際学校の教授。写真: トール ・ カストロ。

スクワット

この位置は、体の下で私たちの応援を強化します。重力に対抗して足の強力なプッシュにより、首筋に尾骨から体軸の伸長と、それゆえクラウンと手までの延長。

足の重要な活動、に加えては、腹部の筋肉は、圧縮を提供します。足と手の活性化は、運動に方向性を与えます。

足首と膝は腰と、ブレードとオープニングと胸郭の拡張に統合されて肩を並べる必要があります。場合の痛み、上肢の位置変化します。

このポジションには、肩や胸のリフトの強力な拡張機能を維持しながら足首、膝、腰の屈曲が含まれます。課題は、太ももを床、胸を開くし、細長い腰部に平行に配置することです。

初心者 Utkatasana が間違いなくあなたの練習に貴重な何か教えます: を見つける方法、 骨盤の権力の座 で、あなたの体の中心。

ヨガの観点から (骨盤の底にへそ) から骨盤の地域住宅の生殖、消化力および除去、臓器だけではなく、それはまた、背骨に沿ってエネルギーの流れをコントロールします。骨盤がずれている場合、拡張機能、姿勢によって背骨の残りの部分は desequiibrada になります。ものは多くの場合腰の痛みと膝と足首のオーバー ロードになります。活気と活力、アーサナの中での感覚がある骨盤が中心し、重力に揃えて、あたかも我々 halláramos エネルギーのバーストで落ち着きました。

利点

  • 足首を強化して、脚の筋肉がバランスの取れた方法で開発されます。
  • 腹部臓器、骨盤と背中がシミュレートされます。
  • 胸部と横隔膜を開きます。

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事 , , ,
によって • 2013 年 4 月 2 日 • セクション。 アーサナ