知識のヨガ: スリ ・ ラマナ ・ マハリシとアドヴァイタ ヴェーダーンタ

以上 25 年スワミ Satyananda サラスワティのため彼はインドでは、ティルヴァンナーマライ、スリ ・ ラマナ ・ マハリシが住んでいた場所のアルナーチャラ神聖な山の麓に住んでいた。この期間中、Swamiji はマスターの直接の弟子たちと住んでいたし、彼の人生と教えの深さを知っていた。

すぐにバルセロナでのアドヴァイタ学校の本質と法に関するセミナー開催されます。 スリ ・ ラマナ ・ マハリシ (1879-1950). こので話を スワミ Satyananda サラスワティ, 誰がこのセミナーを教えた。

ラマナ ・ マハリシはだれです。

ラマナ ・ アドヴァイタの偉大な現代的な指数の一つであったヴェーダーンタ。彼の人生は、目覚めの早い経験とアドヴァイタ (非二元性) の本質の明確な表現によって示されました。

この覚醒はどのように?

16 歳と明白な理由も彼は彼が死ぬつもりだったことを感じた。コメント、その時点で彼は地面に置くし、どのように彼の体が堅くなったし、'I' の意識が死んでいないと指摘しました。 質問をしに来た:「この私何ですか?」.彼は、心の体の独立した純粋な存在を認めた以前では、
感情と知性。 意識は自分を認識、完全覚醒していた。後で彼は自然を持っていた経験がミレネリー伝統の本質であると気付いた。

彼の教育の基盤になるか。

私たちは私たち自身の自然、非デュアル意識を知っている、我々 は無知が存在しないことを実現します。これは、アドヴァイタの本質ヴェーダーンタ。スリ ・ ラマナを行う唯一の事は私たちに私たちの本質を覆い隠すベールを取っておくことを強調しました。このベールは時間とスペース、限定に付き; あるボディの錯覚を作成する重ね合わせエンティティ ボディ-心思考と過去の印象を主食とします。

アドヴァイタ ヴェーダーンタ教えている沈黙の空間にアクセスする概念がないです。この空間からです。 これはラマナ ・ マハリシによって推奨される方法: アートマ vichara、自動-indagacion; 既に古代の教育、 ウパニシャッド で、 ヨガ オーバー 他の中。

私が誰かって。(Ko'ham?) それは繰り返される必要があるものではないです。注意内側の番だ、前方のスペースへは、概念、同じ前を心 '私'.質問には答えがありません。Vichara は、意識を認識自体、個性の幻想が消える沈黙に私たちをリードします。

Vichara の仕方が微妙な心を必要とし、たびたび。ラマナ常に言った:「大きい方法は 2 つあります:、vichara または jnana (知識) と降伏パスの方法」。その深い精神的な放射能による主な教え、沈黙が続いた。マスターに戻すと時間が存在していた人をだった。 「ラマナの沈黙は力、あなたの内側に着ていた火のようなあなた」
「あなたの中心に向かって運転」

ラマナ ・ Maharsi は、練習をしなかった。これはどのようにユニットの経験のですか。

例外的な事件について話しています。彼は、彼の経験は他の生活の練習の結果と述べた。巨匠として、 ウパニシャッド彼女は、私たちの本質は意識と喜びであることを主張しました。

スリ ・ ラマナは、一貫性のある練習 (修行) 制限のような錯覚を外し、中の膨満感で解決する必要があることを教えられます。

仕上げにラマナ ・ マハリシの歴史.

大深度の貴重な物語があります。彼の教えの本質を以下にまとめます。

Achyuta ・ スワミは、南インドの既知のマスターだった。これは若いラマナを見るために 200 人以上の弟子を持つティルヴァンナーマライに来た。アルナーチャラ山麓に彼を期待してのみ上昇した彼の弟子たちに語った。マスターを見て、彼は彼の足元に座っていたし、言った:「ああ主よ、私非二元性 (アドヴァイタ) の単一性最高アイデンティティあなたの状態で付与が意図的に設定した」。沈黙のスペースの後のスリ ・ ラマナ。彼は彼に言った。 「Summa いる」。

Summa iru 「あなたの本質に滞在の場合、あなたはすべてがあることを実現' を意味する.Achyuta スワミ自体に吸収され、蜜アドヴァイタの教えを教えるこの原色の無限に感謝。

スワミ Satyananda サラスワティのワーク ショップ:「スリ ・ ラマナ ・ マハリシ。Upadesha サラ。アドヴァイタの教えの本質」。

とき。 17 と 18 12 月バルセロナで。

詳細情報: advaitavidya.org。

社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事 ,
によって • 2016 年 12 月 7 日 • セクション: インタビュー