不安に対するアーサナ 6

我々 は既に、ヨガや瞑想が不安ストレスを管理し、パニック、うつ病の症状を緩和するために私たちを助けることができることを知っている.明確にどのアーサナをこれを行うより効果的です?我々 はいくつかを示します。

不安
1. 三角形 (トリコーナ)

離れて足のラインに平行にかかとを置きます。腕を上げるし、ダウン手のひらの側面にそれらを拡張します。左足と右 90 度のターンの内側を取得します。2 つのかかとを揃えます。股関節、腰関節ないを曲げ右足に向かって胴体を拡張します。
足首を新に到着するあなたの右の手の場所または地面に、胴体の姿勢を崩さず何ができること。あなたの肩の上に合わせて、天井に向かって、左ひじを伸ばします。中立的な立場であなたの頭を保ちます。30 秒または 1 分のこの位置を保持します。

2 犬の上向き (伸ばしたままするしたアドムカウイラードアーサナ)

拡張後方、一緒に、足と体の両側に腕を横になっている顔は肘を曲げるし、腰の横に手の手のひらの場所、あなたの腕が地面に垂直になります。地面に対してあなたの手の手のひらを押すと腕を上げると胴体と足に数センチ土の中。しっかりした太ももをして彼のお尻をリラックスしてみてください。

3 子 (Balasana)

床にひざまずきます。あなたのかかと、分離、腰の幅にほぼ膝の上に座る。太ももの前方、胴体を運ぶ。長く背面両側に腕をドロップすることができます、すべてのものを。1 〜 3 分間位置を保持します。

4 橋肩 (Setu Bandha Savangasana)

独立した脚ヒップ幅、骨盤を持ち上げると横たわっています。このアーサナは、あなたの足が、列が発生しながら、地面にしっかりと座る必要があります。

5. クリップ (Paschimottanasana)

サポートされている臀部を床の上に座ると、足を前に伸ばして、双子を長く、前方かかと。アクティブな足を保ちます。それはあなたの太ももに向かってトランクを運ぶ。1 分この姿勢を保ちます。

6. 死体 (Savasana)

中立的な立場を探して床に横たわっています。別の足を腰の幅。骨盤があまり腰をリラックスを柔らかきます。

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事
によって • 2016 年 2 月 25 日 • セクション。 アーサナ