オウム、普遍的な振動

知恵の光は、すべてのゲート (感覚) 体を介して輝いている、我々 は衆生 (幸福への添付ファイル) が優勢な品質であること知っている)バガヴァッド ・ ギーター XIV.11。) たち (マイテ アグアード) を書き込みます。

OM

オウム真理教 それは、三位一体を表すために役立つので、翻訳を持たない単語と神聖な音節を発音する正しい方法は、3 つの音素を区別する: A、U、および M。 'Au' 二重母音の自然短縮から来るので、我々 は「オム」と言う word 入門マントラ最も迅速な方法を歌うことを主に、オウム真理教の普及のためである音声バリエーション。

オウム真理教が破棄されないエネルギーだから宇宙、永遠の振動であります。 我々 はオウム真理教を顕著な私たち人間の進化の過程である最終的な宛先につながる実装の予定していたかのようにそれを行う傾向があります。しかし、なら方法なく、何か、目標につながるが、目標として独自の方法において 普遍的な深く内側に私たちと私たちの組合を再確認するとき決めてオウム意識して以来、我々 は提供しています独自の振動の最後まで刺激します。 私たちは最終的に私たちの心をきれいに過ごすために物理的にきれいに我々 の生物と感じる場合は我々 は、我々 は主に水、物理的な部分からの振動の瞬間を見てすなわち我々 は形而上学のしきい値に科学から移動します。振動になるようであることを感じたときにこの状況が発生します有限電源は、外側から内側に変換をされている怠慢でアクションがないです。

Emerge することができます我々 のエネルギーは、生命の流れから私たちを邪魔する必要があります任意の気晴らしを放棄すなわち、私たちの意識の普遍性に比例すると最も直接的で浅層を除去するためにそれを発音するときは,、オウムを発音に私たちの意識に流れることができるエネルギーの量に依存します。

それを発音するオウムを生成するものを参照してくださいに良い例がチベット ボウル一杯の水の効果について考えるとき音: 水が振動し始めるし、は、まさに自分自身の中何が起こるか。しかし、ボウルと同様この任意の方法でする必要がありますいません。重要なことは呼吸しエネルギーをチャネリング、我々 の内面と接続し、それを振動になります私たちの液体、ボウルの時点があふれていません。このとき我々 は口を閉じているし、振動を続行させる権利があるこの素晴らしい組合を感じるとき、OM になることそのような方法で、オウム真理教の発音の音の振動で定数を得なければなりません。

なぜオウムを発音することが重要ですか。

電源、私たちと人生の流れを取るし、空のままスペースされていることすべて。とき私たちのエネルギーを制限することは私たちを掘る、津波を引き起こしているか、それを含む私たちの経験の欠如我々 は生活をさせているので、私たちを通過します。オウムを発音し、正しくこれを実行しない場合と多分同じだ: エネルギーが流れない、冷たい音でなくて単になります。 人生は千の花びらを開く準備ができている私たち、私たちの中に流れる我々 は OM にオウム非常に初めから進化して、しかし私たちのすべて。

我々 は、水だけでなく、理解以上の抵抗の活動の最も有用な分野に向かって流れる内部エネルギーのラインに沿って流下。したがって力常にに向かって移動される活動のフィールド物質とエネルギーの流れるどちらも増加も減少、しかしが変換または変移常に 1 つの状態から別の 4 つめの状態に到達するまで、宇宙のエネルギーであるので、進化の法則に従う ツリヤ川、 どこの活動の停止は、アクティビティの更新ではなく、別のフィールドに変換されます。

オウムの振動と私たちは私たちのエネルギーがより注ぎ込まれる、そのアクションは溶融し、 se manifestará del modo más evolutivo de la creación, donde el tiempo y el espacio deja de existir y se es uno en esa vibración.

Todo este control de energía, que no es más que su uso correcto y canalización, se encuentra dentro de la práctica del yoga, donde el flujo de la vida es en realidad la corriente respiratoria del sistema humano, y los canales por los que fluye son los nadis y sus niveles los tattwas. Cuando nuestro flujo de energía parece secarse, debemos buscar el remedio a través de la propia energía, que gracias a la del sonido con su vibración hará, junto con las asanas, que se abra el bloqueo para volver a estar llenos de energía.

オウム真理教はヨガの一部が与えられている重要性我々 は私たちの練習を開始するたびにリラクゼーション、かどうかの呼吸法、アーサナや瞑想、これが私たちのブロックされたエネルギーを解放するため.

作るヨガのすべてのステップは私たちのエネルギー、宇宙のエネルギーと私たちを識別し、無制限、永遠のその大きな柱が直後に私たちの意識を変換: 呼吸、リラクゼーション、適切な運動、適切な栄養と肯定的な思考と瞑想。しかし、普遍的なマントラや宇宙の振動に始まり、なぜオウム真理教ヒンドゥー教では最高のユニット。

振動とオウムは人生の流れに。

愛たち (マイテ アグアード)

たち (マイテ アグアード)。 Rudraprayag (インド) のシヴァナンダ学校認定ヨガ教師。フェルナンド ・ ディエスの弟子。ビセンテフェ レール財団とグアダラハラ Aylu ジムの先生のヨガの協力者。


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事 ,
によって • 2016 年 8 月 19 日 • セクション。 署名