K. Desikachar インタビュー:「治療ヨガは個人的精神的な発展の道」

博士 k. Desikachar、息子と Desikachar v. t. k. の生徒は、9 歳の頃ヨガの勉強を始めた。今日は、精神的、感情的、物理的な不均衡のすべてのタイプのための効果的なソリューションを提供する yogaterapeuta として動作します。21 日、22 彼はバルセロナとマドリードでセミナーを与えます。・ 9 月 11 日 9 時からセバスチャンの治療ヨガ Pranamanas の学校から招待されました。このためダナ Ginevro をインタビューします。

Kausthub Desikachar

数週間前のヨガと yogaterapeuta 教授 ダナ ・ Ginevro インタビューを行った Kausthub Desikachar ヨーガ療法のため PranamanasYoga、共有、読者の礼儀を持ち YogaenRed.

K. Desikachar ヨガ、アーユルヴェーダ、ヴェーダと現代心理学の教えを組み合わせたもの、癒しの彼らの方法で顧客に権限を与えることを目標にし、自分の可能性を発見します。彼は共同などのいくつかの本を書いています。 ヨギのヨガ 彼の祖父と偉大なヨギ t. クリシュナマチャリアの伝記は、 アーサナの心 ヨガのアーサナの古典に関する包括的なマニュアル.

Kausthub Desikachar マドラス大学で心理学の博士号はヨガの伝統の深い知識によって認識され、その能力の説明アクセスおよび現代社会の適応方法のそれら教えミレナリー。(次のプロモーションは 2016 年 8 月始まる) ブリュッセルでヨガの Yogaterapia 教師の Da の形成。トレーニングの詳細については。 www.kausthub.com/yth2016es

どのように行を定義する彼の祖父クリシュナマチャリアと彼の父親は T.K.V. Desikachar 治療ヨガ?
今日財団 KHYF (クリシュナマチャリア ・ ヒーリング ・ ヨガ ・財団) で表される、教授スリランカ t. クリシュナマチャリアの伝統の古典的な治療ヨガ、エンパワーメントの学生では、多次元アプローチから病気にだけでなく、目的はこれによって引き起こされた苦難を和らげるため、また、yogaterapeuta の助けとの彼自身の練習カスタム開発するという包括的なプロセスです。治療ヨガは非侵襲的、進歩的な方法で動作し、他の治療法に対応しています。

病気の性質、に応じて治療ヨガ終わりを癒し、予防を持つことができます。 または慢性的な病気の症状を管理し、さまざまなレベル (精神的、感情的、物理的な精神...) で一人で治癒を促進することができます。ゆっくりと、しかし非常に安全で、簡単な修正ではなく、それはプロセスが進化することと焦点を当ててください。一言で言えば、我々 はその電子を言うことができます。治療ヨガは、個人が彼自身の勇気と強さを発見する目的で個人的な精神的な開発のパスです。

ヨガ療法とは何を扱うことができますか。
正しく適用されている場合は、筋骨格系の問題、それら疾患消化器または神経学的および感情的な不均衡からの病気の広い範囲を軽減することができます。

関係がある、間の感情や身体症状?
ヨーガ療法は、お互いに影響を与える、さまざまなディメンションを持つ総合的個人を見ています。身体的症状をマニフェスト自体に感情的な問題が一般的です。治療ヨガ考慮すべてのこと。我々 が知っている物理的なレベルに何だけでなく、体に影響を与える感情的なレベルにその影響があり、その逆。Yogaterapeuta は、あなたの感情の状態についての質問、自分自身と他の人、日常のストレスをすることがあり、苦しむ医療条件/病気に大きな影響を与える可能性があります他の状況であなたの関係を講じます。

個別治療ヨガは、ヨーロッパの比較的新しい概念です。インドですか。
伝統的インドで治療ヨガは先生、学生と常にメジャーから特定のコンテキストでのみ教えられます。しかし、また、わが国社会の現代、l の影響力を持つあなたのヨガの先生は治療ヨガの分野においても 'すべてのレシピ' を提案のファッションによって離れて実行されます。 この方法は効果がないだけでなくが違い、ニーズとそれぞれの固有の制限に注意してください非常に危ないかもしれない。 治療ヨガ機能に従って個別にのみ実装する必要があります、必要があります、個々 に適応しました。

あなたの経験によると良い yogaterapeuta を開発する必要があります最も重要な機能は何ですか。
まず、あなたは分析し、さまざまなレベルで明白な症状だけでなく、また微妙なを感知するためにすぐれた観察者をしなければなりません。 私はメンターと Desikachar v. t. k. の父は、適切な観察と既にしたことそれ仕事の半分と述べた。

第二に、セラピストは忍耐とその治癒過程中に学生をサポートする機能の良い量を持つ必要があります。3 番目の重要な成分は、包括的な理論だけでなく、広々 としたヨガのすべてのツールの良い統合のため十分な練習が含まれています良い包括的なトレーニングです。

私も意見を yogaterapeuta は、自己認識の過程で、学生をガイドできるように精神的な指導が必要です。私も、yogaterapeuta を開発する必要があります最も重要な機能だと思います。

治療ヨガのセッションとは何ですか。
まず治療ヨガ、姿勢、それが期待されるアクションのプロセスの詳細にお知らせする学生と pre consulta を行います。このセッションでは、彼らの個人的なデータそれらパラメーター一般的な健康、症状や目的と学生のタブを入力します。

学生が治療ヨガ療法士ガイドのパスを開始する最初のセッションを行った。聞くし、観察学生が健康と詳細にその機能の状態を理解するには、慎重に診断のためのパルスを読む、他お申し込み一連の質問を行う観察の方法。

通常 30 から 90 分の間続く、このセッションの終わりには、実践と学生に有益なツールの種類の目標を定義します。我々 が開発し、我々 は 2 番目のセッションではそれを教える、場合によって同じセッションまたはその中に直接練習カスタムを教えることがあります。

練習は常に総合的かつ相乗的方法と作成し、ヨガのさまざまなツールを構成することができます。学生は、定期的に、yogaterapeuta のおすすめシリーズの練習を引き受けます。

定期的にレビューを行うことが重要です通常毎週または場合があります 2 に 4 週間ごと。非常にいくつかの学生週 2 台までもセッションを定義する必要は。これらのセッション/レビューは学生、健康への影響の実際の品質を確認し、必要に応じて、それを絞り込むに移動する重要であり、運動の進行を提案当初徐々 に追加。

まで続くこのプロセスは、我々 は最初から最後まで体系的に文書化、病気のまたは学生に多くを貢献できるないすでに、yogaterapeuta の直観その療法をする瞬間まで有意な改善が認められます。

Yogaterapeuta は姿勢の測定値を行うアーユルヴェーダの知識と人のエネルギーを持つことが重要ですか。しばしばしばしばいいアーユルヴェーダに基づく食品やライフ スタイルの変化かな
アーユルヴェーダとヨガの医学の人体や健康機能の理解の面で共通の借景が楽しめます。そのため アーユルヴェーダの知識は、yogaterapeuta 値に非常に便利です。 変更食糧と大きな助けとすることができます毎日学生の憲法アーユルヴェーダに基づく特定の習慣をお勧めします。また、アーユルヴェーダは観測の優秀なツールと学生の健康の分析私たちを与えます。それらの理由は、治療ヨガ アーユルヴェーダの伝統的な形成を含まれています。

頻繁に生徒のパルスを通常読んで?あなたは私たちのすることは興味深い、パルスの読み取りを実行する例をいくつかをもらえますか。
実際にヨガ療法の各セッション。それは完全により多くの微妙なレベルの学生の健康状態を理解するのに役立ちます。たとえば、パルス読書は非常に有用ないくつかの生の場合より多くの支配的な病気が何を確認します。知っているない常にすべて同時に扱われることができます以来重要であるか優先順位を付けます。また、最も影響を受ける体のどちら側を定義することが可能だ: 右または左です。これらの認識は非常に治療のヨガに最適なソリューションを決定するを助けます。

Después de haber analizado las necesidades, las capacidades y los objetivos del alumno, ¿qué recursos le ofrece el Yogaterapeuta a su alumno?
Después de analizar las necesidades y los objetivos del alumno, se desarrolla una serie holística con las diferentes herramientas que nos ofrece el yoga. Esta práctica puede incluir posturas (āsana), ejercicios de respiración (prāṇāyāma), meditación (dhyānam), consejos alimentarios (āhāra niyama), consejos de hábitos diarios (vihāra niyama), canto (mantra), visualizaciones o afirmaciones (bhāvanā), cierres energéticos (mudrā), gestos simbólicos (nyasa) y el autoconocimiento guiado / el estudio de uno mismo (svādhyāya).

良い yogaterapeuta は、シンプルで効果的な実践を作成するこれらの特定の側面を編む方法を知っています。これらすべての側面を含める必要なく、常に、それ自体は、セラピストが必要を定義し、効果的な方法を選択できますのでそれらの広範な知識を持っている重要。

どのような規則性と有効にする学生を練習すべきですか。
通常私はそれのために特殊開発我々 学生毎日練習シリーズをお勧めします。すべてのモードの病気、学生の能力の性質によると練習の頻度を適応することが、彼の人生の毎日と他運行時間要因。

¿Tiene secuencias predeterminadas para una enfermedad o dolencia o siempre crea una nueva secuencia para cada alumno? ¿Cuál suele ser la duración?
No hay secuencias predeterminadas para una enfermedad o dolencia específica. Estandarizar secuencias no es sólo inconsistente con los principios del Yoga Terapéutico sino que puede resultar peligroso para el alumno. Es totalmente imperativo que todos los yogaterapeutas tengan los conocimientos y la experiencia para crear soluciones a medida para cada alumno.

La duración de una práctica depende de la naturaleza de la enfermedad o dolencia, de las capacidades y el tiempo disponible del alumno: puede durar entre 15 minutos hasta una hora.

¿Qué ingredientes posibilitan la sanación en el proceso del Yoga Terapéutico?
El ingrediente más importante de ‘la receta de sanación’ es sin duda una buena relación entre el terapeuta y el alumno, una relación que apoya y que da fuerza al alumno. Si el terapeuta y el alumno llegan a desarrollar una relación que genera confianza y seguridad, se descubre el camino de sanación, una sanación profunda que abarca las diferentes capas del ser humano.

Consultas: Dr. Kausthub Desikachar dará sesiones individuales de Yogaterapia el viernes 20 de mayo en Barcelona y el lunes 23 de mayo en Madrid. Para coger hora contacta con Dana Ginevro (ver datos abajo).

セミナー ‘、Yogaterapia のエッセンス ’

El maestro Sri T. Krishnamacharya, uno de los grandes yoguis contemporáneos, fue quien a principios del siglo XX volvió a introducir el yoga de una manera completamente adaptable y aplicable a nuestra sociedad moderna. A pesar de que el yoga ofrezca una amplia gama de herramientas con grandes beneficios de sanación y transformación personal, está habitualmente asociado solo con la práctica de posturas físicas. En esta tradición sin embargo se ofrecen muchas más herramientas, que son muy importantes en el proceso de autosanación.

Este seminario de un día está especialmente diseñado para profesores de yoga que quieran profundizar en la visión holística y terapéutica del yoga según la tradición clásica de T. Krishnamacharya & T. K. V. Desikachar. Los participantes aprenderán los principios esenciales de la Yogaterapia, un sistema de sanación que tiene su punto de partida desde la mente, practicando Asana, Pranayama, Mantra, Mudra, Nyäsa y Meditación. El seminario incluye presentaciones, discusiones abiertas y prácticas experienciales.

Fechas:
–Barcelona: 21 de mayo, de 9.00 a 16.00h, en Espai de ioga, Yogaia. Pg. Sant Joan121. Barcelona

–Madrid: 22 de mayo, de 9.00 a 16.00h, en Espacio Ronda. Ronda de Segovia 50 Madrid

–San Sebastián: 9 al 11 de septiembre. En Pranamasyoga. San Sebastián

価格 de un seminario de un día: 90€

お問い合わせ: Dana Ginevro. T: +34 677031637 / yogabydana@outlook.com

社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事 ,
によって • 4 Apr, 2016 • Sección: お大事に