聖書の光/Mandukya ウパニシャッド

我々 が公開しています。 Mandukya ウパニシャッド Gaudapada、このウパニシャッドの Adi シャンカラチャルヤの先生のマスターの詩 ´karika´ の最初の章を完了します。今 4 つのマントラ。翻訳とデビッド ・ ロドリゴ、アドヴァイタ ヴェーダーンタの伝統的な教師による解説。入る前の部分を読む ここで。

手の花の水

マントラ IV

Svapnasthanoऽntaahapragyaah saptangg ekonvinshatimukhaah praviviktabhuktaijso dvitiyaah nirvāpaṇaḥ pādaḥ | |4 | |

svapnasthāno'ntaḥprajñaḥ saptāṅga ekonaviṁśatimukhaḥ praviviktabhuktaijaso dvitīyaḥ pādaḥ | |4 |

エル ・ セグンド エスタード ・ デ ・ consciencia (デよ y エル ・ ムンド) 点灯人 Taijasa を呼び出します (知られていると感じる) 夢の状態 ´svapna´ここで微妙なオブジェクトを内部で経験しました。7 つのパーツがあり、19 口。

Vaishvanara、私の覚醒 (知られている、経験) 点灯、人が時私は私の体との関係 (マントラ II を参照してください)。どれだけ私は知っているし、Vaishvanara をされている実験は私の心のいくつかのプリント作成や samskaras.既に睡眠、私は人を知らないし、通夜、外の世界と物質の世界を体験します。私は Vaishvanara では不要になった。今 Mandukya 私 Taijasa、微妙な夢の世界 (知られている、経験) が点灯したオブジェクトの呼び出しは、私の想像力にのみ存在します。

夢の世界は、心の中で Vaishvanara、徹夜、外の世界と物質の世界 (知られている、経験) が点灯したまま精神的印象の行われます。

Taijasa として私は人を見て、私の想像力で、心の中でだけ存在する現実の世界に住んでいます。起きて、もう知っているし、再び Vaishvanara となります。しかし、Taijasa、Taijasa の私は何を参照するくださいと、夢の中で、実験は現実。それについては疑いはありません。

Taijasa は住んでいる、私の身体を使用せず感じています。なぜ Taijasa 私は、他の物理的な体、外の世界と私は参照してください、Vaishvanara に住んでいる固体を表示されません。

ただし、Taijasa、微妙な世界では、経験は、Vaishvanara、物質的な世界の経験に基づいています。これは何を意味します。 ブリハッド ・ アーラニヤカ ・ ウパニシャッド IV.3.9:

अस्य लोकस्य सर्वावतो मात्रामपादाय

Asya lokasya sarvāvato mātrāmapādāya

[Taijasa] 参加してください。 (あなたの中毒 - に応じてなあ、嫌い) 世界の精神的な印象 (素材、Vaishvanara によって残された) 独自の世界を構築し、 (微妙な他の生き物と共有していない) 独自の光で (身体を使わずに).

Taijasa は、値を認識、反応しその現実には、Vaishvanara を認識、値とまったく同じ、夢の世界を感じて、反応、その現実には、物質的な世界を感じる。このため Mandukya IV では、Taijasa、Vaishvanara のような)Mandukya (III)、 7 党と 19 口.すなわち、彼の世界といくつかの楽器を感じる体 (5 つの感覚、行動の五つの器官、5) Pranas 重要なエネルギーや 4 つの臓器や antahkarana -精神、知性、記憶および自我-) そのような世界と対話する (マントラ III を参照してください)。

Taijasa と微妙な私は、Vaishvanara 私の材料。材料が微妙に含まれます。だからこそ、私たちが Taijasa になる、夢の世界で努力もせずに入った Vaishvanara の疲れを得るし、詳細 - 練習 - なし切断です。Vaishvanara は Taijasa で希釈したためその本質的には、その存在を基に基板 Taijasa。これは、これらの意味 マントラ (ヴェーダの詩) の Prashna ウパニシャッド:

परे देवे मनस्येकीभवति

停留 deve manasyekī bhavati

「アクションと知覚とそのオブジェクト感覚になる 1 つ (希釈) 彼の神の ´deva´ で (基板)」: 心」。 (IV.2)

अत्रैष देवः स्वपे महिमानमनुभवति

atraiṣa devaḥ svape mahimānamanubhavati

」と、その神」 [心、または私の微妙な私] 夢の雄大さを実感します。 (材料の主要な制限) なし.” (IV.5)

私私は微妙なまたは Taijasa を経験する彼と彼の現実としての世界。私のマテリアルに自己または Vaishvarana は、現実として彼と彼の世界も経験。夢の私の意識の覚醒への意識を取り戻す Taijasa をする、Vaishvanara になり、知っている Taijasa と彼の世界でだけの夢だった、実際なかった。すべての何も、睡眠、現実で起こった。我々 はすべて知っています。

しかし、多くの夢とより多くの覚醒があります。そのうちわかります。。。

——

デビッド ・ ロドリゴ、mアドヴァイタ ヴェーダーンタの伝統的な aestro

David Rodrigo聖書 - 学校のヴェーダーンタの光
http://luzdelasescrituras.wix.com/escueladevedanta

元アドヴァイタ ヴェーダーンタ経典 (Prasthana Traya ´Triple Canon´ のアドヴァイタ ヴェーダーンタ-) の体験学習に完全に降伏した 6 年間、2014 年 4 月で、ヒマラヤ、インド、リシケシからスペインに返されるデビッド ・ ロドリゴバガヴァッド ・ ギーター、ウパニシャッドと ブラフマ-アディ シャンカラチャルヤのコメントに、 Bhamati、Brihat Prasthana Traya トリプル Canon´ ´Gran - の一部アドヴァイタ シッディ(-, etc.)、ヨガだけでなく、)ヨガの経典 パタンジャリ、Sankhya)、インド哲学の古典学校の残りの部分または Astika darshana Dravidacharya シュリ Ramakrishnan Swamiji (シャーストラ Nethralaya) と伝統の瞑想 ´Dhyana Yoga´ Adi シャンカラチャルヤのアドヴァイタ ヴェーダーンタの伝統でサンスクリット語の リシ (偉大なヨギ) スワミ ・ ヴェーダ ・ バラティ (スワミ ・ ラーマ サーダカ草アシュラム) とヒマラヤの。

彼は伝統的に送信開始ヴェーダーンタとヨーガ スワミ ・ ラーマ サーダカの経典草アシュラム、彼はまたスワミ ラマ ディヤーナ訓練の瞑想の伝統の中の従来の学校を指示した、 リシ ヒマラヤ山脈の

今アドヴァイタ ヴェーダーンタ経典とヨガのプログラム (最低 5 年; Presential、´no presencial´) の伝統的な研究を通じて送信します。

Viveka Chudamani, Sankhya Karika, バガヴァッド ・ ギーター, ヨガの経典、ウパニシャッド、 ブラフマ

ヨガ ・ シャラ ・ アルコベンダスにマドリードで開催

www.ashtanga-yoga-alcobendas.es

www.yogaenred.com/2014/05/15/Estudio-tradicional-de-Las-Escrituras-de-Advaita-Venda-y-Yoga/

その他のコース

伝統的な研究、 Panchadashi、シュリ ・ Vidyaranya ミュニ

(1 年間オンサイト; と ´no presencial´)

入門が完全なアドヴァイタ ヴェーダーンタのテキストとして Viveka Chudamani トリプル バレル アドヴァイタ ヴェーダーンタの ' Prasthana Traya' 研究の明快さへのアクセス)バガヴァッド ギータ、ウパニシャッドと ブラフマ(、Adi シャンカラチャルヤの論評と)。

マドリードでは、テーブルのヨガの学校主催

www.escueladeyoga.org/index.php/cursos-y-talleres/item/210-curso-panchadashi-2014-2015

OM、意味と実践)Mandukya ウパニシャッド)

マドリード、ヨガ シャラ アルコベンダス - 通学と ´no presencial´-

土曜日、9 月 13 日、14 に 10 と 18 h 16 から。10 から 14 時間 9 月の日曜日 14。

お問い合わせ - annayogashala@gmail.com


社交的なこと, 共有!

あなたはこの記事が好きでした?

購読する私たち RSS 何もお見逃し

その他の記事 ,
によって • 2014 年 6 月 12 日 • セクション。 古代のテキスト